読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺の報告

RoomClipを運営するエンジニアの日報(多分)です。

日報 #35 - ちょっとした傾向とか

プロダクトについても触れたっていいじゃない。
ということでRoomClip ( https://roomclip.jp )について。

「家の中という空間」ってのは人それぞれテイストがあるわけで。 俺もよく分かってない部分がたーくさんあって日々勉強なんだけど、
そんなかの1つに「男前インテリア」っていうのがございます。

雑誌でも書いてありますので、ぜひぜひ。
http://www.amazon.co.jp/RoomClip-Style-%E6%89%B6%E6%A1%91%E7%A4%BE%E3%83%A0%E3%83%83%E3%82%AF/dp/4594609260/ref=sr_1_sc_1?ie=UTF8&qid=1409151465&sr=8-1-spell&keywords=roomclipstyle

大人女子がはまる”男前インテリア”って表紙に書いてあります。
このワードやテイストについて事細かに語るのはまぁさておき、
あくまでエンジニアブログっぽくこの言葉についてごく簡単に調べてみましょう。

ということでGoogle Trendにいってみます。
男前、というワードが、「住居・庭」というカテゴリで検索されだしたのは、
2012年3月頃からのようです。
https://www.google.co.jp/trends/explore#cat=0-11&q=%E7%94%B7%E5%89%8D&date=1%2F2009%2068m&cmpt=q

では、ウチで男前というワードが使われ始めたのはいつ頃かと調べてみますと、 なんと2012年5月頃からです。
http://roomclip.jp/photo/gF6
このお写真から男前という表現がちらほら出現しだしております。
その後の推移は、こんな感じ。

f:id:tom_rc:20140828004153p:plain

男前という単語に触れているコメントを正規化して表示しています。
面白いことに2013年年末頃にGoogle Trendと同様にピークとなるんですね。
とても面白いですね。
あんまりここでは詳細分析はしませんが、
このようなデータに触れ合える、というのも1つの醍醐味ですね、というお話でした。